中高年の間で人気の高いDHAやEPAのサプリメント

DHAサプリメント 中高年

若い頃と違って体力の衰えを実感する場面が増える中高年の人は、さまざまな生活習慣病のリスクも高くなっています。

加齢に伴って血管は徐々にしなやかさを失って動脈硬化が進み、若い頃は血圧が低めだった人でも血圧を測ってみれば想像以上に高かったというケースが少なくありません。

そうした状態を放置していると心筋梗塞や脳卒中といった病気を発症しやすくなりますので、改善のためには食生活の見直しが必要です。

血管の老化を抑制してくれる栄養成分として、青魚に多く含まれるDHAやEPAという2種類の魚油が知られています。どちらも常温で液体となる不飽和脂肪酸の一種ですが、体内では合成できないため食品からの摂取が必要です。

DHAは細胞膜の材料となって膜をしやなかにする性質を持っており、血管壁や赤血球を柔らかくする働きをします。EPAは血液中に含まれる血小板が固まるのを防ぐ性質を持つため、血液をさらさらにして血流を良くしてくれる物質です。

EPAは肝臓や血液中の余分な中性脂肪の分解を促す働きもしています。DHAとEPAの相乗効果によって血管の老化スピードは抑えられ、動脈硬化や高血圧を起こしにくい健康な血管が維持されるのです。実際に青魚をよく食べる人はDHAとEPAを豊富に摂取しているため、実年齢よりも血管年齢が若い傾向が見られます。

しかしながら日本人の間では食生活の変化によって魚離れが進んでおり、魚よりも肉を好む人は中高年にも増えています。毎日の食事でDHAやEPAが不足している人が多いことから、それらの成分を手軽に補えるサプリメントが中高年の間で人気を集めるようになりました。

DHAやEPAを配合したサプリメントはドラッグストアばかりでなく、通販を利用して取り寄せることも可能です。そうしたサプリメントにもいろいろな種類がありますので、DHAやEPAの含有量の多い商品を選ぶための情報力も求められます。

中高年の間で特に人気が高まっているのが、DHAとEPAの酸化防止対策がしっかりとされているサプリメントです。魚油のDHAとEPAは非常に酸化しやすい物質のため、抗酸化作用を持つ成分が同時配合されていないと十分な効果が得られません。

ごまに含まれるセサミンという物質は酸化を防ぐ作用を持っていますので、サントリーセサミンEXのようにDHA・EPAとセサミンが同時配合されたサプリメントなら安心して利用できます。

このようなサプリメントの効果で血管年齢を若く保っていけば、さまざまな病気を予防して健康長寿につながっていくのです。